リーダーの育て方!研修で育てるリーダーの素質!

研修でリーダーの資質を見つける

リーダーと聞くと先頭に立って、みんなを鼓舞するリーダーばかりを見てしまいがちです。しかし、リーダーには様々な種類のリーダーがいます。後方からチームの活動をしやすくするタイプのリーダーやチームの力を全て引き出せるように下準備が上手いリーダーなど、活躍するリーダーというのは色々なタイプがいるのです。どのようなリーダーが自分に向いているかを研修で見つけることができれば、その資質を育てるのは容易になるでしょう。資質は一つではないかもしれません。自分の中に眠る可能性を見つけることが大事になります。

リーダーを育てる研修

リーダーには色々なタイプがありますが、共通していることもあるのです。それが責任感と使命感です。リーダーがチームの中で一番責任感がないと、そのチームはバラバラになってしまう可能性があります。また、使命感がないとそのチームは仕事を全うすることが難しくなるでしょう。リーダーに必要となるその二点を研修の中で学ぶことは、リーダーになるための大事なステップになります。リーダーになる前に学ぶことで、失敗する可能性が低くなるのです。

タイプに合わせてリーダーに育てる

責任感と使命感について学んだ後で、自分に合うリーダー像を作り上げていきます。それぞれ各個人によってリーダー像は異なるでしょう。そのなりたいリーダーになるために、自分に何が足りないかを研修の中で明らかにしていきます。研修中にすべてのことを身につけることは無理かもしれませんが、課題が分かれば研修後もリーダーになるための努力を続けられます。リーダーは一日にしてならずですので、日々の努力がリーダーを育てていくものです。

社員研修と言えば、新人さんの研修と思われがちですが、全社員の能力向上とモチベーションアップのため、この研修を増やす企業が増えてきています。

Calendar

2018年7月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031