ホームページはデザインが重要!適度なデザインがいい!

凝ったデザインは必要ない

ホームページを作る会社でない限り、凝ったデザインは必要ありません。凝ったデザインを作るのに時間がかかりますし、作っても費用対効果は薄いです。読者がホームページに求めているのは情報であって、デザインではないからです。ホームページを初めて作る人はデザインにこだわりがちですが、凝ってできたものは見にくいという弱点があります。フラッシュがあったり、動画が埋め込まれていたり、見る人がほしい情報がなかなか出てこないことは多いです。シンプルにしても情報量が変わらないのであれば、凝る必要はないのです。

簡単すぎるデザインは見てもらえない

簡単なデザインでは見てもらえない可能性は高いでしょう。単純に背景が白で、文字だけが打ち込まれているホームページを、見る人はほとんどいません。開いた瞬間に閉じることになります。簡単にホームページを作るのはいいのですが、見た瞬間に情報が載っていることが分かるデザインにすることが大事です。また、手を抜いていると思われるとホームページを閉じられます。シンプルと手を抜いているは違いますので、デザインをするなら適度にすることが大事です。

適度なデザインが重要

適度なデザインは見た人が見やすくて、情報が分かりやすくなっているものです。それであれば、最後までホームページを見てくれるかもしれません。読者目線で作ると、デザインはある程度決まってきます。その目線に見やすさを加えると、いいホームページになるでしょう。さらにイラストや絵を加えると見てもらえる確率は高くなります。

デバイスの画面サイズに依存しないサイトの構築方法が、レスポンシブデザインの特徴でSEO対策上の利点があります。

Calendar

2019年8月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031