閲覧数を増やすためのホームぺージづくりとは

極端にカラフルなデザインにしない

ホームページを作る上で重要となる要素の1つがカラーです。カラフルなデザインのホームページは楽しそうな雰囲気を伝えやすくなります。しかしながら度を越えて極端にカラフルなデザインにしてしまうと閲覧者の目を疲れさせてしまうかもしれません。すると、なかなか二度目の閲覧をしてもらうことが難しくなり、結果として閲覧数が伸びていきません。ホームページのカラーにはある程度統一性を持たせて、見ていて疲れてこないようにすることが大切です。複数のカラーを使うにしても同系色でそろえるなどの工夫をしてみましょう。

それぞれのページごとに繋がりを持たせる

ホームページを作る際には様々なページを作成することになります。それぞれのページの内容を充実させることはもちろんですが、他のページとの繋がりを大切にすることがポイントになっています。他のページとの繋がりが薄ければ閲覧者はそこで満足してしまい、発展的な行動をしてくれる可能性が低くなります。別のページも見てみたいと思わせるようにデザインを考えることで、次はあっちのページを見ようと考えてくれることが期待できます。テレビ番組の次回予告が上手いと次への楽しみが増すのと同じです。

ただ、繋がりを持たせるということは他のページへの期待度が高まるということにもなるので、ページの充実が一層重要になるといえるでしょう。ここぞの場面で字の大きさを変えるだけでも印象は大きく変わってきます。安心を感じさせる安定と、マンネリを防ぐ変化の両方をホームページに取り入れることが大切です。

レスポンシブデザインとは、どのデバイスからも閲覧可能なWEBサイトの構築方法のことです。SEO対策にも有利になります。

Calendar

2019年5月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031