見やすい配色にするコツ!信頼性と訴求力を高めるためには

ホームページの配色を考える

ホームページを制作する上では、どのような色使いを行っていくかを考えることは基礎的かつ大切な部分となります。色使いの善し悪しによって、ユーザーが受ける印象も全く異なってくるためです。配色が良くまとまっており、キレイに見えるページは、それだけで高品質なイメージが持たれますし、色使いを工夫することで、重要な情報についての訴求力が高まるような一面もあります。

それでは、どのような色使いが好ましいかと言う点ですが、まずは統一感とメリハリのバランスが大切です。この部分は割と奥深いもので、例えば「青系で統一したい」と考える場合、本当に青を中心に寒色系で揃えると、何だか、物悲しい画面になりかねません。逆に、暖色だけにすると、今度は散漫でしまりがなくなったりします。
したがって、実際には深い色合いの寒色系のページに対し、ハイライトとして淡い色調の暖色系の色を使っていくような工夫がなされます。こうすると、使う色は増えるものの画面にまとまりが出てくるわけです。
しっかりと統一感がある中で、メリハリもあるような色合いを考えるのが、コツとなります。

色はコンバージョンに影響がある

色使いとコンバージョン率の関係性が顕著なのがボタン類です。ボタン類はホームページと色の関係を考えると中々に複雑なもので、大きすぎても小さすぎでもダメですし、目立ちすぎても目立たなくても良くありません。本当にちょっとしたことで、ユーザーはクリックするのをためらうのです。

この問題に対処するためには、複数種類のボタンを作って、試していくことが大切となります。クリックされやすい色合いやデザインが見つかるまで、何度も試行錯誤するケースも少なくはありません。

お店や企業の宣伝をするには、ホームページは欠かせない時代です。ホームページ作成は割と時間がかかる作業なので、プロに任せれば時間の節約になります。

Calendar

2019年9月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30